平安神宮
 都が東京へ移った為に疲弊していた京都に活気を取り戻す為に、明治28年(1895)に平安遷都1100年を記念して平安神宮が創建されました。
 794年に都を京都に移した桓武天皇を祭神としてお祀りされていましたが、後に京都における最後の天皇の孝明天皇を合祀して、現在は桓武天皇、孝明天皇の両御祭神がお祀りされています。

桓武天皇
 第50代天皇、天平9年(737)生~延暦25年(806)没、在位 天応元年(781)~延暦25年(806)。

孝明天皇
 第121代天皇、明治天皇の父、天保2年(1831)生~慶応2年(1867)没、在位 弘化4年(1846)~慶応2年(1867)。

朝堂院の再現
 大極殿、応天門、蒼龍楼、白虎楼などの社殿は平安宮朝堂院の主要な建物を模して建てられました。
 それぞれの社殿は朝堂院の8分の5の大きさで、建物の丹塗り、碧瓦(あおがわら)、連子窓(れんじまど)の色なども忠実に再現されているそうです。
 これらの社殿が国の重要文化財に指定されましたが、明治時代の建築物で重要文化財は珍しいものです。

蒼龍、白虎
 
平安京は北は玄武、東は蒼龍、西は白虎、南は朱雀の四神に守られていたと伝えられています。平安神宮は外拝殿の大極殿から歩廊に繋がれた東と西に蒼龍楼と白虎楼が建ち、東と西の二つの手水所に蒼龍と白虎の大きな石像が置かれています。

時代祭の写真時代祭をクリックするとご覧いただけます。

 桜が美しい春の平安神宮の写真は平安神宮の桜をクリックするとご覧いただけます。

平安神宮(へいあんじんぐう)
 平安神宮は平安遷都千百年の明治28年(1895)に創建された新しい神社です。
 緑の屋根と朱色の柱が美しい応天門(神門)、大極殿(外拝殿)は平安朝初期の朝堂院の建物を8分の5の大きさで忠実に再現されています。
 御祭神には平安朝最初の天皇・桓武天皇と最後の天皇・孝明天皇がお祀りされています。

平安神宮の御祭神
 桓武天皇、孝明天皇
境内参拝自由
 (神苑拝観は600円)
参拝、拝観時間
 午前6時~午後6時
(季節により変動があります。)
神苑入苑時間(有料600円)
 午前8時半~午後4時半まで
(夏期は午後5時半まで)
平安神宮の鎮座地
 京都市左京区西天王町97
平安神宮への公共交通機関
 市バス「京都会館美術館前」下車、北へ徒歩約5分
(京都駅前より市バス5系統、市バス100系統に乗車)

隙間400

▼應天門から桜が満開の平安神宮の広い境内を見ています。蒼龍楼・白虎楼と大極殿を結ぶ回廊の屋根越しに見える桜は平安神宮神苑の桜です。

平安神宮91

▼平安神宮東神苑の尚美館(貴賓舘)の両側に咲き並ぶ紅枝垂れ桜が栖鳳池に影を映しています。

平安神宮92

 
各ページのホテル名をクリックすると
詳しい情報と予約の頁に進めます。

京都駅周辺のホテル・宿
祇園・東山・北白川方面のホテル・宿
京都市中心部・河原町方面のホテル・宿
嵯峨野・嵐山・高雄方面のホテル・宿

▼神宮道をまたぐ大鳥居の高さは24メートルを少し超え、幅は約18メートルです。大鳥居の向こうに神門の応天門が見えています。

平安神宮1

平安神宮461

▼重要文化財に指定されている神門の応天門は平安朝初期の朝堂院の建物を8分の5の大きさで忠実に再現されています。左上の隅は扁額の写真です。

平安神宮2

平安神宮462

▼応天門を入って眺めた平安神宮の広い境内。

平安神宮463

▼平安朝の大極殿を8分の5の大きさで再現された外拝殿。緑の屋根の両側に鴟尾(しび)が太陽を受けて金色に輝いています。

平安神宮3

平安神宮464

▼手水舎には都の西を守護する白虎(びゃっこ)と都の東を守護する蒼龍(そうりゅう)の大きな像が見られます。

平安神宮4

▼応天門を入って左側(西側)に建つ白虎楼は都の西を守護しています。回廊の向こうから神苑の桜が見えています。都の東を守護する蒼龍楼は白虎楼と左右対称の形で東側に建っています。

平安神宮5

平安神宮467

▼平安神宮東神苑の栖鳳池に架かる泰平閣は橋殿とも呼ばれます。

平安神宮7

▼初夏の平安神宮神苑では水蓮、花菖蒲、杜若などのきれいな花が鑑賞できます。

平安神宮8

▼平安神宮の美しい絵馬の一例。

平安神宮6