嵐山(あらしやま)
 嵐山は天下の名勝としてあまりにも有名で、京都で最も賑わう観光スポットの一つです。

 一般にはこの辺り一帯を嵐山と呼ばれますが、山としての嵐山は丹波山地から南に連なる山の一部で、渡月橋の西南西の標高はわずか382メートルに過ぎない低い山で松の緑に覆われていますが、秋遅くには大堰川に落とす山肌が緑に紅葉を織り混ぜる美しい光景を見せます。

桂川(かつらがわ)
 桂川はこの渡月橋を境にこれより上流を保津川あるいは大堰川と呼ばれることもあり、丹波山地から流れ出る水流は亀岡盆地などで洪水をくりかえしていました。

 平安時代初めの承和3年(836)に道昌僧正(空海の弟子)が大堰川を修築した時に、今の渡月橋より200mほど上流に橋を架けたのが渡月橋の始まりといわれています。

渡月橋(とげつきょう)
 嵐山の桂川に架かる現在の渡月橋は昭和9年に架けられた全長154.4m、幅11mの鉄筋コンクリート橋です。

 名勝嵐山の景観に調和するように木製の桁隠しを用いるなどの工夫が施されています。

 橋は朱丹に塗られ天龍寺十景の一つに数えられていました。 亀山上皇がこの橋を「くまなき月の渡るに似る」と表現したことから「渡月橋」と呼ばれるようになりましたが、それまでは近くのお寺の名前から法輪寺橋とか葛野橋と呼ばれていました。

 渡月橋の北岸には天龍寺の塔頭臨川寺、南岸には十三詣りで知られる法輪寺があります。

●嵐山の桜の写真は嵐山渡月橋の桜をクリックするとご覧いただけます。

嵐山渡月橋(とげつきょう)
 嵐山は天下の名勝として京都で最も賑わう観光スポットの一つです。

 嵐山の大堰川に架かる現在の渡月橋は昭和9年に架けられた全長154.4m、幅11mの鉄筋コンクリート橋です。

嵐山渡月橋への電車
●JR嵯峨野線「嵯峨嵐山」下車徒歩約15分、
 嵯峨嵐山駅は京都駅から快速で約15分
●嵐電(京福電鉄嵐山線)「嵐山」下車徒歩数分
●阪急電車嵐山線「嵐山」下車、徒歩約5分
嵐山へのバス
●市バス、京都バス「嵐山」下車すぐ
 いずれも京都駅前や市中心部からの便あり。

隙間400

▼天下の名勝嵐山、渡月橋と美しく色づいた山肌。

嵐山紅葉1

▼渡月橋の上流、大堰川を飾る紅葉。

嵐山紅葉2

▼紅葉の下を観光客を乗せた和舟が行き交います。

嵐山紅葉3

▼大堰川の南岸から小倉山と右奥に愛宕山(標高924m)を見ています。

嵐山紅葉4

▼紅葉の下で水鳥も秋を満喫しているようです。

嵐山紅葉5

▼紅葉の間を走る嵯峨野観光鉄道のトロッコ列車。

嵐山紅葉6