化野念仏寺の紅葉 数え切れないほどの石仏、石塔が安置されている賽の河原に黄や赤の紅葉が寄り添うように色付いています。

化野(あだしの) 小倉山の裾野の化野は古くからの葬送の地で、京都の東の鳥辺野(とりべの)、北の蓮台野(れんだいの)と並ぶ埋葬地となっていました。古くは風葬、そして土葬と変わり霊を弔う為の無数の石仏が年を経るとともに無縁仏となり散らばったり、土に埋まった状態になっていました。この死者の霊を弔うために五智山如来寺が創建されたのがこの寺のはじまりです。

化野念仏寺 今から1200年程前の弘仁(こうにん)年間(810~824)に、弘法大師空海が風葬の地だった化野に葬られた無縁仏の霊を弔うために、五智山如来寺を創建して供養したのが始まりです。その後、鎌倉時代に法然上人の念仏道場となって浄土宗に改められ、華西山東漸院(かさいざんとうぜんいん)念仏寺の寺号となりました。仏教界の偉大な二人の先達、弘法大師、法然上人にゆかりの歴史のある寺院です。

千灯供養(せんとうくよう) 。毎年8月23、24日の夏の夜に千灯供養が行われます。無縁の石仏等に灯が供えられて無数のろうそくの炎が暗闇にゆらぐ幽玄の世界が広がり、多くの参詣者でにぎわいます。散乱していた八千体にも及ぶ石塔や石仏を今の形に整頓して並べられたのは明治の中頃のことだそうです。

化野念仏寺の宗派 浄土宗
化野念仏寺の場所 京都市右京区嵯峨鳥居元化野町17
拝観料 500円  千灯供養参拝料 1000円(8月23、24日)
拝観時間 朝9時より夕4時30分(冬12月~1月は夕3時30分受付終了)
 4月・5月・10月・11月の土日祝は受付終了を夕5時までに延長
化野念仏寺への公共交通機関
 京都駅から京都バス72系統 嵐山・清滝行きで「鳥居本」下車、徒歩約5分
 三条京阪、四条河原町からも清滝行きの京都バスがあります。
駐車場
 化野念仏寺には駐車できません。近辺に民間の有料駐車場が数ヶ所あります。

化野念仏寺78-1

▲化野念仏寺の紅葉の下に広がる無数の石佛

化野念仏寺78-2

▲晩秋の化野念仏寺の石仏群を紅葉が飾ります。

 
京都の宿、ホテルはJTBるるぶトラベルの広告にリンクしています。

京都駅・京都市中心部の宿、ホテル
祇園、清水寺方面の宿、ホテル
嵐山、嵯峨野方面の宿、ホテル

 

京都の紅葉化野念仏寺2

京都の紅葉化野念仏寺4

京都の紅葉化野念仏寺3

京都の紅葉化野念仏寺1