高台寺の紅葉
 東山山麓の広い境内の秋は赤い紅葉に飾られ、京都の東山を代表する寺院、景勝地です。庫裏の前の紅葉に迎えられて拝観受付に向かいます。
 左に祇園閣を遠望して拝観順路を歩くと赤い紅葉が映り込む池泉回遊式庭園の堰月池(えんげつち)の前に出ます。

 国の史跡、名勝に指定されている美しい庭は小堀遠州の作庭によるもので桃山文化を今に伝える光景です。
 堰月池と臥龍池の散紅葉が浮かぶ水面に影を落とす観月台、開山堂、霊屋(おたまや)はいずれも国の重要文化財に指定されており、それらを臥龍廊がつないでいます。
 紅葉が美しい夜には趣向を凝らしたライトアップが施され、幻想的な光景が楽しめます。

高台寺(こうだいじ)
 豊臣家の菩提を弔う「ねねの寺」は豊臣秀吉の正室、北政所(きたのまんどころ、ねね)が徳川家康より財政的な援助を受けて慶長11年(1606)に建立した禅寺で、正しくは高台寿聖禅寺(こうだいじゅしょうぜんじ)といい、鷲峰山(じゅぶざん)と号する臨済宗建仁寺派の格式の高い寺院です。

 秀吉とねねの木像が安置されている霊屋(おたまや)には、華麗な蒔絵が厨子や須弥壇に施され、この美術工芸の粋を極めた蒔絵装飾は高台寺蒔絵と呼ばれています。「ねねの道」の西側にある「高台寺掌(しょう)美術館」では寺宝として所蔵する多くの美術工芸品を見ることができます。

 方丈から眺める波心庭に咲く紅枝垂桜は高台寺をクリックするとご覧いただけます。

高台寺(こうだいじ)
 高台寺は豊臣秀吉の菩提を弔うために秀吉の正室ねねが建立した寺院です。

 ねねは生涯を閉じるまでの19年間をこの高台寺で暮らしました。

 高台寺へのgoogle地図はページの下部にあります。

高台寺の宗派 臨済宗建仁寺派
高台寺の所在地
 京都市東山区高台寺下河原町526
拝観料 600円
  (掌美術館拝観も含まれています。)
高台寺へのバス
●市バス「東山安井」下車、徒歩約5分
  (京都駅前から206系統)
駐車場
 高台寺の南側に広い有料駐車場があります。乗用車1時間500円

隙間400

▼高台寺の散紅葉が浮かぶ臥龍池と開山堂。

京都の紅葉高台寺840

各ページのホテル名をクリックすると
詳しい情報と予約の頁に進めます。

京都駅周辺のホテル・宿
祇園・東山・北白川方面のホテル・宿
京都市中心部・河原町方面のホテル・宿
嵯峨野・嵐山・高雄方面のホテル・宿

▼方丈の東から開山堂と霊屋の屋根を見ています。

京都の紅葉高台寺1

▼霊屋(おたまや)の屋根。

京都の紅葉高台寺3

▼臥龍廊が紅葉の中へ進みます。

京都の紅葉高台寺4

▼高台寺の庫裏と紅葉。

京都の紅葉高台寺5

▼臥龍池を彩る紅葉。

京都の紅葉高台寺6

▼遺芳庵と重要文化財の傘亭。

京都の紅葉高台寺7

PR

PR