泉涌寺 泉涌寺の名前は堂宇を建立している時に仏殿の傍から泉が湧いたことに由来します。この湧き水は今も水屋形の中にあり、秋には紅葉が飾ります。泉涌寺は歴代の天皇とのつながりが深く「御寺(みてら)」と呼ばれ、広い境内全体が気品を感じる雰囲気に満ちています。歴代の天皇の菩提が弔われ、寺域には多くの御霊が営まれています。

泉涌寺の創建 泉涌寺は真言宗泉涌寺派の総本山で、平安時代に空海が草庵を結び法輪寺と名付けたのが始まりとされています。後の建保(けんぼう)6年(1218)に月輪大師(がちりんだいし)が譲り受け伽藍を整えて大寺院としました。

泉涌寺の仏像美術品 ひときわ目を引く大きな建物の仏殿には運慶が作った釈迦仏、阿弥陀仏、弥勒物の三世仏が安置されています。仏殿の天井と背後の壁には狩野探幽が描いた龍と白衣観音が見られます。楊貴妃観音堂には聖観音像(楊貴妃観音)が安置されており、伏し目のやさしいお顔を拝することができます。

御座所庭園 御座所から眺める庭園は白砂と白壁と植え込みの緑にカエデの赤と黄色が上品に配置されて、目にやさしい洗練された美しさです。

泉涌寺の宗派 真言宗泉涌寺派本山 泉涌寺の所在地 京都市東山区泉涌寺山内町27
泉涌寺の拝観時間 午前9時より午後4時半まで(冬12月~2月は午後4時まで)
泉涌寺の拝観料 500円(御座所・庭園拝観は別途300円が必要です。)
泉涌寺への電車、バス
 JR、京阪電車「東福寺」下車、徒歩約15分
 市バス「泉涌寺道」下車、東へ約10分(京都駅前より市バス208系統に乗車)
駐車場 参拝、拝観者の自家用車30台が無料で駐車できます。

京都紅葉泉涌寺78-1

▲御座所庭園に置かれている雪見燈籠は仙洞御所から移したものと伝えられています。

京都紅葉泉涌寺78-2

▲御座所から見る美しい秋の御座所庭園

 
京都の宿、ホテルはJTBるるぶトラベルの広告です。

京都駅・京都市中心部の宿、ホテル
祇園、清水寺方面の宿、ホテル
嵐山、嵯峨野方面の宿、ホテル

 

京都紅葉泉涌寺1
▲大門より見下ろす重要文化財佛殿の正面。佛殿は入母屋造り重層の大きな建物。

京都紅葉泉涌寺2
▲佛殿の後に並んで建つ舎利殿には佛舎利を納めた舎利塔が祀られています。

京都紅葉泉涌寺3
▲泉涌寺の名の元となった水屋形、左は清少納言の歌碑

京都紅葉泉涌寺4
▲佛殿(右、重要文化財)と舎利殿(左)

京都紅葉泉涌寺5
▲楊貴妃観音の写真は泉涌寺で購入した絵はがきの部分を利用しています。