圓光寺の紅葉
 11月の中頃から見事な紅葉に包まれる庭園「十牛(じゅうぎゅう)之庭」は、禅の修業の課程を表しているといわれ、紅葉の名所として知られています。栖龍池(せいりゅうち)を囲む池泉回遊式の庭園で、水琴窟の澄んだ音も聞かれ、夜はライトアップされます。

 紅葉に囲まれて境内を歩くと家康の墓がある坂の上に出ます。ここからは堂宇に囲まれる庭の紅葉が見下ろせます。遠くに眼をやると京都盆地の西に連なる山並みも見通せます。

圓光寺(えんこうじ)
 瑞巌山(ずいげんざん)と号する臨済宗南禅寺派に属する古刹で、創建は徳川家康が慶長6年(1610)に京都伏見に開いた学問所が起源で、足利学校から招いた三要元佶(さんようげんきつ)和尚が開基しました。

 本尊の千手観世音坐像は本堂に安置され、尼僧の専門道場として歴史ある禅堂は、今は南禅寺の研修道場として使われています。

伏見版木活字(重要文化財)
 徳川家康はこの寺で武士や僧侶に儒学を習わせた他、十万もの木製活字を与えて多くの書物を出版させました。
 使用された木製活字は現存する活字としては最古といわれ、今も5万2千個程が保存されています。

圓光寺(えんこうじ)
 圓光寺の「十牛(じゅうぎゅう)之庭」は栖龍池(せいりゅうち)を囲む池泉回遊式の庭園で、秋の紅葉がことのほか美しいです。

 圓光寺は徳川家康が建てた学問所で武士や僧侶がこの寺で儒学などを教わっていました。

 徳川家康に深いゆかりのある圓光寺には家康公の墓もあります。

 圓光寺へのgoogle地図はページの下部にあります。

圓光寺の宗派 臨済宗南禅寺派
圓光寺の所在地
 京都市左京区一乗寺才形町20
拝観時間 午前9時~午後4時半
拝観料 400円 
圓光寺への公共交通機関
 白川通を走る市バス「一乗寺下り松町」下車、徒歩約10分
   (京都駅前から市バス5系統に乗車)
 叡山電鉄「一乗寺」駅下車、東へ徒歩約15分
無料駐車場(乗用車約20台)がありますが、紅葉のシーズンには利用できません。

隙間400

▼十牛之庭と名付けられている池泉回遊式庭園

京都の紅葉圓光寺84-1

▼紅葉の名所として知られ、秋には多くの紅葉見物の人達が訪れます。

京都の紅葉圓光寺84-2

各ページのホテル名をクリックすると
詳しい情報と予約の頁に進めます。

京都駅周辺のホテル・宿
祇園・東山・北白川方面のホテル・宿
京都市中心部・河原町方面のホテル・宿
嵯峨野・嵐山・高雄方面のホテル・宿

▼赤や黄色の紅葉林を縫うように散策路を歩きます。

京都の紅葉圓光寺3

▼家康公の墓の近くから境内の紅葉を見下ろしています。

京都の紅葉圓光寺2

▼圓光寺の鐘楼を紅葉が飾ります。

京都の紅葉圓光寺1

▼美しい澄んだ音を聞かせる水琴窟

京都の紅葉圓光寺4

▼門の脇にも真っ赤な紅葉

京都の紅葉圓光寺5

PR

PR