不二桜
 東寺の五重塔には春には桜、秋には紅葉が彩りを添え、この景観は京都を象徴するとも言われています。 樹齢120年を超える不二桜は平成18年に三重県より移植された八重紅枝垂桜で樹の高さが13メートルもあり、3月末から4月の初めに見事な花を咲かせます。弘法大師の「不二のおしえ」から「不二桜」と名付けられたと説明が添えられています。

東寺の桜
 2月下旬の河津桜から4月中頃まで広い境内全体で多くの桜を鑑賞できます。

国宝五重塔
 国宝に指定されている教王護国寺(東寺)の五重塔は元慶7年(883)頃に創建されたものを、五度もの焼失の後に寛永21年(1644)に徳川家光の寄進により再建したものです。高さが現存する古い五重塔では日本一の55メートルもあり、三間四方、本瓦葺きの構造です。塔自体を本尊とし、空海が唐より持ち帰った仏舎利が中心柱の下に納められています。しかし空海存命中には塔の完成が間に合わず、弘法大師入定の50年後の元慶7年(883)頃に創建されました。初層の内部には四天柱に曼陀羅諸尊が描かれ、その中心には大日如来が安置されています。

東寺(教王護国寺)
 東寺は真言宗の総本山で平安遷都とともに延暦15年(796)に羅城門(らじょうもん)の東に東国(左京)の鎮護のために建てられたのが始まりで、平成6年(1994)に世界文化遺産に登録されました。

東寺の不二桜(ふじざくら)
 東寺の不二桜は樹齢120年を超える八重紅枝垂桜で樹の高さが13メートルもあり、3月末から4月の初めに見事な花を咲かせます。弘法大師の「不二のおしえ」から「不二桜」と名付けられました。
 
東寺の五重の塔
 国宝の東寺の五重塔の高さは55メートルで、日本に現存する古い五重塔では最も高い塔です。

東寺(教王護国寺)の宗派 東寺真言宗大本山
東寺(教王護国寺)の拝観 境内自由ですが堂塔拝観は500円必要です。
東寺への歩き方 京都駅八条口から八条通を西に15分程歩くと左に東寺北門あり。
東寺へのバス 市バス「東寺東門前」下車すぐ(京都駅前より市バス42系統)
駐車場 拝観者の自家用車は2時間600円で50台ほど駐車できます。

堅田浮御堂400

▼東寺の不二桜と五重の塔

京都の桜東寺78-1

▼満開の不二桜を西側から見ています。

京都の桜東寺78-2

 
各ページのホテル名をクリックすると
詳しい情報と予約の頁に進めます。

京都駅周辺のホテル・宿
祇園・東山・北白川方面のホテル・宿
京都市中心部・河原町方面のホテル・宿
嵯峨野・嵐山・高雄方面のホテル・宿

▼国宝の五重塔を飾るように桜が咲いています。

京都の桜東寺1

▼高さ約55メートルの五重塔と3月中旬の河津桜

京都の桜東寺3

▼4月上旬の国宝御影堂(大師堂)を桜が飾ります。

京都の桜東寺2

▼鐘楼と桜(鐘は足利尊氏寄進といわれています。)

京都の桜東寺4

▼東寺の各所で美しい桜が見られます。

京都の桜東寺5

▼東寺(教王護国寺)の国宝金堂は豊臣秀頼により再建された建物です。

京都の桜東寺6

▼東寺(教王護国寺)の重要文化財講堂では国宝、重要文化財の仏像が拝観できます。

京都の桜東寺7

▼東寺の不二桜と五重塔

東寺不二桜461

▼西側から見る不二桜

東寺不二桜463

▼東寺の五重塔

東寺五重塔462