音羽の滝の場所
 400円の拝観料を払って清水の舞台に上がると音羽の滝を見下ろせます。本堂の拝観を終えて舞台を下り、左に進むと恋占いの石で知られる地主神社、右に下りると音羽の滝があります。

音羽の滝
 東山36峰に連なる音羽山から下りてきた地下水が3本の筧(かけい)を伝って滝壺に落ちています。京都市の北から日本海へと連なる山並みは北山山地、丹波山地と呼ばれます。
 北山山地の分水嶺から北側の水は日本海へと流れ、南側の水は川となり、或いは伏流水となって京都盆地へと流れ下りてきます。

 この地下伏流水が東山の山並みの断層の割れ目から流れ出て、音羽山の雨水と合わさり音羽の滝となり、清らかな水は千年以上も前からとぎれることもなく流れ落ちています。

 清水寺の寺名の由来となった音羽の滝の他にも、京都には古くからの多くの名水が保たれ、今でも京都市民の茶の湯などに愛されて使われています。

音羽の滝のご利益
 三本の水のそれぞれを「延命長寿の水」、「恋愛成就の水」、「学問上達の水」と分けて語られることもありますが、これには確証はないようで、「黄金水」、「延命水」と呼ばれる水の霊験あらたかなご利益を信じて、三本の水のどれかを静かに一口お飲みになる事をお勧めします。
 「滝の水は皆同じです 後のお不動さまにお願い事をして霊水をいただいて下さい 諸願成就」と張り紙がしてあります。

 筧から落ちる水を飲む為に柄を長くした柄杓(ひしゃく)は参詣者が一口飲む毎に消毒されています。

音羽の滝(おとわのたき)の水の飲み方
 三本の水の一つだけを選んで一口だけ飲むのが流儀となっていて、二口飲むと半分のご利益に、三口も飲むと三分の一のご利益しかいただけないといわれています。滝水を三本とも飲むと願い事が全て反古(ほご)になり、何もご利益がいただけないことになっていますが、これは何事も欲張ってはいけないとの戒めの教えだそうです。
 滝の背後の滝祠には不動明王や行叡居士がお祀りされています。
 祠に向かって手を合わせてから清らかな水を一口お飲みください。

清水寺の宗派 北法相宗大本山
清水寺の所在地 京都市東山区清水1-1294
清水の舞台(本堂)拝観料 400円
拝観時間
 午前6時より午後6時
  (季節により変わります。)
清水寺への公共交通機関
●東大路通りを走る京都市バス「清水道」下車、東へ徒歩約10分
(京都駅前より市バス100系統に乗車が便利です。)

隙間400

清水寺音羽の滝930

 
各ページのホテル名をクリックすると
詳しい情報と予約の頁に進めます。

京都駅周辺のホテル・宿
祇園・東山・北白川方面のホテル・宿
京都市中心部・河原町方面のホテル・宿
嵯峨野・嵐山・高雄方面のホテル・宿

▼清水寺の音羽の滝は上の筧(かけひ)から清らかな3本の水が落ちています。

清水寺音羽の滝1

音羽の滝461

▼清水寺の音羽の滝を横から見ています。

清水寺音羽の滝2

音羽の滝462

▼清水寺の音羽の滝を正面から見ています。

清水寺音羽の滝3

音羽の滝464

▼清水寺音羽の滝を清水の舞台から見下ろしています。滝壺に並ぶ石は滝行をする時の足場です。

清水寺音羽の滝4

音羽の滝463

▼音羽の滝の近くから清水の舞台を見上げています。

清水寺音羽の滝6

▼清水寺の桜は絶景です。清水寺の桜をクリックすると清水の舞台や三重の塔を飾る桜の写真がご覧いただけます。

清水寺音羽の滝5