八坂神社
 素戔嗚尊(すさのおのみこと)他9柱の神様がお祀りされています。八坂神社の創建の歴史は古く、平安遷都以前の斎明天皇(第37代天皇、在位655年~661年)の代に八坂氏の氏神として素戔嗚尊を祀ったのが神社の始まりです。

 八坂神社は厄除け、疫病除けの神様「祇園さん」で親しまれ、日本三大祭の一つである祇園祭でよく知られています。

 京都屈指の繁華街・四条通の東端に建つ朱塗りの西楼門が正門と思われがちですが、境内南側の下河原通に面した南楼門が正しい正門で、その南側に建つ大きな石鳥居は国の重要文化財に指定されています。

本殿(重要文化財)
 広い境内の中央に建つ重要文化財に指定されている本殿は徳川家綱(徳川第4代将軍)により再建され、本殿と拝殿を一つの屋根で覆う特殊な構造で「祇園造」と呼ばれています。
檜皮葺の大きな屋根は400坪の広さがあると解説されています。

主な境内社
 八坂神社の境内にはいくつもの摂社、末社が鎮座しています。
女性に人気のある美御前社(うつくしごぜんしゃ)にお詣りすると今よりもっと美人になれるそうです。社殿の前には美容水が湧き出ています。

 商売繁盛の御利益が頂ける北向蛭子社は正保3年(1646)に建てられた歴史有る社で国の重要文化財に指定されています。

 蘇民将来命がお祀りされている疫神社、縁結びで人気のある大国主神社など、その他にも多くの境内社、境外社があります。

八坂神社(やさかじんじゃ)
 京都では「祇園さん」とも呼ばれ、特に疫病除けのご利益がいただけると信仰を集めています。
 八坂神社の歴史は平安遷都よりも古く、七世紀頃にこの付近に住まいしていた八坂氏の氏神として創建されました。
 四条通の東端に建つ美しい西楼門、本殿、石鳥居などが重要文化財に指定されています。
 本殿は徳川家綱の再建による祇園造という建築様式で、正面7間、側面6間の大きな建物です。
 7月に一か月間に亘って行われる祇園祭は八坂神社のお祭です。

八坂神社の主祭神
 素戔嗚尊、櫛稲田姫命、八柱御子神(素戔嗚尊の八人の御子神)
八坂神社の鎮座地
京都市東山区祇園町北側625
(四条通の東端、円山公園の西)
八坂神社への公共交通機関
市バス「祇園」下車
(京都駅前より市バス100系統、206系統に乗車)
京都市営円山駐車場
普通車30分毎 250円(134台駐車可能)
(八坂神社西楼門の北側を斜めに東北に進むと駐車場の入り口があります。)

隙間400

▼重要文化財に指定されている八坂神社の西楼門は四条通の東端に建っています。

八坂神社91

 
各ページのホテル名をクリックすると
詳しい情報と予約の頁に進めます。

京都駅周辺のホテル・宿
祇園・東山・北白川方面のホテル・宿
京都市中心部・河原町方面のホテル・宿
嵯峨野・嵐山・高雄方面のホテル・宿

▼重要文化財の西楼門が正門と思われがちですが、正しくはこの南楼門が正門です。南楼門を北に進むと舞殿と本殿が建っています。

八坂神社1

▼八坂神社の本殿は国の重要文化財に指定されています。本殿の中御座には素戔嗚尊(すさのおのみこと)がお祀りされています。

八坂神社2

▼八坂神社の御神水は地下約90メートルからの自然の湧水で「力水」と呼ばれています。

八坂神社3

▼紅葉が飾る東北門鳥居を通して円山公園を見ています。

八坂神社4

▼南楼門の前に建つ大きな明神型の石鳥居は重要文化財に指定されています。この石鳥居は正保3年(1646)に建てられ、寛文6年(1666)に補修して再建されたものです。

八坂神社5

▼女性に人気の美御前社(うつくしごぜんしゃ)は本殿の東北にあります。美御前社をクリックするとくわしい解説と写真がご覧になれます。

八坂神社6

▼下の写真は八坂神社の絵馬の一例です。他にも美しい絵馬が見られます。

八坂神社7

▼四条通の東端に建つ八坂神社の西楼門は重要文化財に指定されています。

八坂神社461

▼重要文化財に指定されている八坂神社の本殿には中御座に素戔嗚尊(すさのおのみこと)がお祀りされています。

八坂神社462

▼女性に人気の美御前社(うつくしごぜんしゃ)は本殿の東北にあります。

八坂神社463

▼下の写真は八坂神社の絵馬の一例です。他にも美しい絵馬が見られます。

八坂神社469