紅葉が美しい京都の世界遺産

清水寺 清水の舞台から見下ろす南側の谷が錦雲渓で、秋には赤い紅葉の海となり、春には白い桜の花が谷を埋め、京都を代表する美しい景観が広がります。

top648-1

仁和寺 仁和寺の広い境内には国宝や重要文化財にの堂塔が建ち並び、それらの建物を秋の紅葉が美しく飾ります。高さが約36メートルの五重塔の頭が紅葉に浮かび上がる光景も見られます。

top648-2

醍醐寺 広い下醍醐境内の東北の隅に晩秋には赤い紅葉に包まれる弁天池があり、朱塗りの弁天堂が池の水面に写り込む光景は秋に醍醐寺を訪れる人達を魅了しています。

top648-3

比叡山延暦寺 紅葉の時期は京都市内より早く11月初旬には根本中堂を囲む樹々が赤く染まります。杉の木立に囲まれる西塔(さいとう)地域にも所々に美しい紅葉が見られます。

top648-4

天龍寺 桜、新緑、紅葉、雪と四季それぞれに美しい庭が観賞できますが、秋はことのほか美しく、紅く染まった山々を借景に赤と黄と緑が池泉回遊式庭園の曹源池の水面に映る光景は格別です。方丈の縁側から眺めるのがお勧めです。

top648-5

龍安寺 石庭の築地塀の向こうから春は桜、秋は紅葉が白砂の庭に彩りを添えます。禅の思想をシンプルに表現したといわれる石庭には、白砂の広がりの中に左から5、2、3、2、3と15個大小の石が配置されています。境内の南に広がる鏡容池も美しい紅葉が眺められます。

top648-6

金閣寺 金閣があまりにも有名なため俗に金閣寺と呼ばれていますが、正しくは鹿苑寺で臨済宗相国寺派の山外塔頭寺院です。湖鏡池に浮かぶ金閣(舎利殿)を赤い紅葉が飾ります。

top648-7

西本願寺 浄土真宗本願寺派の本山で本願寺が正しい名前ですが、東本願寺と区別するために一般に西本願寺と呼ばれています。秋には大きな公孫樹(いちょう)が黄に色づき、重要文化財の御影堂、阿弥陀堂などを飾ります。

top648-8