平安装束で葵祭行列に参加する人達は500人を超え、藤の花で飾られた御所車(牛車)2基、馬36頭、牛4頭などの雅な行列がおよそ1キロの長さで京都御所から下鴨神社を経由して上賀茂神社まで続きます。行列を先導する乗尻(のりじり)に始まり、検非違使などの第一列、車輪をきしませて進む牛車などの第二列、近衛使などの第三列、内蔵使などの第四列、斎王列と続きます。行列のメインは輿に乗った斎王代で、年毎に京都在住の未婚の女性から選ばれます。斎王とは伊勢神宮や賀茂神社に奉仕した未婚の内親王で、斎王代は斎王に代わる者を意味します。

 京都の春を飾る葵祭は、祇園祭、時代祭とともに京都の三大祭の一つとして知られています。毎年5月15日に行われる葵祭は、上賀茂神社(賀茂別雷(かもわけいかずち)神社)と下鴨神社(賀茂御祖(かもみおや)神社)の例祭で、平安王朝貴族の優雅典麗な姿が京都の今に再現されます。賀茂祭が葵祭の名で呼ばれるのは牛車(ぎっしゃ、御所車)、行列に加わる勅使などの人物や牛馬にいたるまですべてを「フタバアオイ」の葉で飾ることに由来します。賀茂祭の歴史は平安時代よりもさらに遡り、今から約1400年も前の頃の凶作が続いた時に賀茂の神様の崇敬者が施行した祭礼の効が実り、その後は天候が安定して五穀豊穣が続いたことに由来するそうです。

下鴨神社上賀茂神社の桜の写真のページもご覧ください。

各地点の行列先頭通過予定時刻(行列の通過所要時間は約1時間)
京都御所出発/10:30  丸太町通堺町/10:50  河原町丸太町/11:50
河原町今出川/11:15  下鴨神社到着/11:40  下鴨神社出発/14:20
<下鴨本通経由> 洛北高校前(北大路通)/14:40   北大路橋/14:55
<加茂街道経由(賀茂川右岸)> 上賀茂神社到着/15:30

京都葵祭78-1

京都葵祭78-2

 
各ページのホテル名をクリックすると
詳しい情報と予約の頁に進めます。

京都駅周辺のホテル・宿
祇園・東山・北白川方面のホテル・宿
京都市中心部・河原町方面のホテル・宿
嵯峨野・嵐山・高雄方面のホテル・宿

京都葵祭2
▲輿(こし)に乗って優雅に進む斎王代、2010年(平成22年)撮影

京都葵祭3
▲近衛使代(このえつかいだい)

京都葵祭4
▲風流傘(ふうりゅうがさ)

京都葵祭1
▲このページの写真7枚は京都御苑の堺町御門の近くで撮影しました。

京都葵祭5

当サイトの写真は全頁フリーではありません。無断転用、二次利用は厳禁です。
写真をブログ等へ転用される場合は当サイトのアドレスを明記してリンクしてください。