鯉山(こいやま)

鯉山
 中国の故事「登竜門」は中国黄河の難所である龍門の滝を登ると鯉が龍となるといわれています。

 この伝説に由来して作られたのが鯉山で、大きな鯉が立身出世の神として祀られています。

御神体
 名工左甚五郎の手に依ると伝えられている木彫の鯉は長さが約1メートル50センチもある大きなもので、山の前に鳥居に挟まれるように置かれています。

重要文化財
 前懸、見送、胴懸、水引は元は1枚の毛綴織(タペストリー)であったものを切り分けて山の飾りとして掛けているもので、この16世紀にベルギーで作られた貴重な美術品は国の重要文化財に指定されています。

 重要文化財の鶏鉾の見送と対をなすもので、イーリアスの叙事詩を題材としたトロイのヘキューバ妃とその王プリモアスが描かれたベルギー製のタペストリーです。

 イーリアスは紀元前8世紀頃に吟遊詩人ホメーロスが書いた二大叙事詩の一つで、ギリシャ神話のトロイア戦争にまつわる物語が主題となっています。

 ギリシャ神話と祇園祭は全く関わりがないはずですが、鶏鉾や鯉山の懸装品が違和感がなく、祇園祭にふさわしい存在になっているのが不思議な感じがします。

 現在巡行で掛けられているものは近年に復元新調されたものです。

 祇園祭と滋賀県の大津祭のいくつもの鉾や山には16世紀頃にヨーロッパなどで製作された織物等で飾られていて、国の重要文化財に指定されているものが多くあります。

鯉山の山鉾町
 京都市中京区室町通六角下る鯉山町