浄妙山(じょうみょうやま)

浄妙山
 平家物語に登場する宇治川橋の合戦の場面から取材して作られました。

 治承4年(1180)の宇治川の合戦で筒井浄妙(つついじょうみょう、三井寺の僧兵)が先陣争いで一番乗りをしょうと橋桁を渡る時、後から来た一来法師(いちらいほうし)が筒井浄妙の頭の上をひらりと飛び越え、先に戦陣をとりました。

 この時に一来法師が筒井浄妙に発した「悪しゅう候、御免あれ(あしゅうそろう、ごめんあれ)」の言葉で、この山が「悪しう候山」とも呼ばれていたこともあるようです。

御神体人形
 一来法師が筒井浄妙の頭上を飛び越える場面が人形と橋桁にリアルに再現されています。

 下の浄妙と上の一来法師は法師の左手と浄妙の頭とが木片の楔だけで繋がっています。揺れる山の上でよくも倒れないものと感心します。

 宇治橋を表す黒漆塗の橋桁には何本もの矢を刺して戦いの雰囲気を再現しています。

 浄妙が着用していた室町時代に作られた鎧は国の重要文化財に指定されていて宝物として保存されています。

水引
 水引は布ではなく、波涛文の彫刻を施した欄縁で山の四周を巻いています。

前懸、後懸
 この頁の写真は前懸に長谷川久蔵筆の「桜図」、後懸には長谷川等伯筆の「楓図」を掛けていますが、近年までは前懸に天明の大火で焼失を逃れた「仙人桃源郷図」、後懸には雲龍文のかがり織を掛けていました。

胴懸
 長谷川等伯の原画による「柳橋水車図」は宇治川にちなんだ絵が描かれています。

 近年までは19世紀初期にイギリスで作られた「エジプト風景図」やビロード織の「琴棋書画(きんきしょが)図」を掛けていました。このためにこの山が「ビロード山」とも呼ばれていました。

浄妙山の山鉾町
 京都市中京区六角通烏丸西入る骨屋町